メニュー

HOME > 診療科・部門紹介 > 各部のご案内 > 健康管理センター

健康管理センター

癌を始めとする、病気の早期発見

現代の医療は、一昔前にはなかった治療法が確立された分野もあり、まさしく日進月歩の状況ではありますが、一方でまだまだ完全な治療法が確立されていない分野もございます。その場合、なるべく早期に発見をすることで、皆様の健康寿命を延ばせる可能性がございます。

疾病予防・健康増進

高血圧・糖尿病・脂質異常症 などは「生活習慣病」と呼ばれております。これらの疾患は、自覚症状が当初は見られないために、“薬を飲みたくない”といった理由で、治療を受けられていない方も多くいらっしゃいますが、この生活習慣病は、脳梗塞・脳出血といった脳血管障害や、急性冠症候群(心筋梗塞・狭心症)といった、場合によっては生命に関わる病気に将来的にはつながる可能性があるために治療を推奨されております。ただ、食事・運動・禁煙などの普段の生活習慣を変えていくことで、ある程度は予防可能なものでもありますので、受診を機に一度生活習慣を見直していただきたいと思います。特に50歳位までの方には、ぜひ留意していただきたいことでもあります。

スタッフ紹介

氏名 本保 善樹(ほんぼ よしき)
所属 健康管理センター
出身校 宮崎大学
氏名 平澤 研一(ひらさわ けんいち)
所属 健康管理センター
資格 脳神経外科学会専門医
産業医
出身校 香川大学
氏名 栗本 重陽(くりもと しげはる)
所属 健康管理センター
資格 産業医
出身校 東京大学

人間ドックのご案内はコチラ