メニュー

HOME > 診療科・部門紹介 > 各部のご案内 > 看護部 > 認定看護師

認定看護師

人材育成

新久喜総合病院在籍 認定看護師
新久喜総合病院に在籍している認定看護師を紹介します。

全ての患者さまへ『安心・安全』な看護の提供を目指して日々頑張っています。

認定看護師としてすべての患者さまに対し『安心・安全』な看護の提供ができる環境を整えていくことを目標としています。多くのことを学べる環境でもありますので充実した職場で一緒に働きましょう。

nurse_nakagawa
重症集中ケア
認定看護師
ICU師長

中川 さつき

リハビリスタッフと協働しながら患者さまへのリハビリテーション看護に取り組んでいます。

脳卒中は突然に発症し、様々な機能障害を起こします。そして突然のことで患者さま・ご家族の方も精神的に大きな不安を抱える方が多くいらっしゃいます。
全国における寝たきりになる原因の第一位は脳血管障害です。脳卒中リハビリテーション看護師の役割は、脳卒中によって機能障害を抱えた患者さまのADL・QOLを向上させ、生活の再構築を行うことが大きな目標であり、その為には発症後の重篤化回避の為のケアやモニタリング、そして合併症の予防、発症早期からリスク管理を行いながら早期離床に取り組み、リハビリスタッフと協働しながら患者さまへのリハビリテーション看護に取り組んでいます。
認定看護師として、しっかりとした根拠を持った看護を行い、看護技術や知識を共に働く院内の看護師に伝え、機能障害を抱えた患者さまやそのご家族がより負担の少ない生活に戻れる援助をチームで看護していきたいと思います。

nurse_watanabe
脳卒中
リハビリテーション
認定看護師
3西

渡部 真由美

安全な療養環境を提供できるよう皆で取り組んでいます。

感染管理者には、患者様はもちろんのこと面会にいらっしゃる方、病院で勤務される医療従事者にとって安全で安心した生活が送れるような環境、そしてより良い医療が提供できるような環境が求められます。そのために、職員一人ひとりが感染対策の重要性を理解し、病院全体で感染対策に取り組んでいく必要があります。組織横断的に活動することで全職員が協力し、感染対策に取り組んでいけるよう日々活動しています。
皆さんも新久喜総合病院で一緒に働きませんか。

nurse_takahira
感染管理
認定看護師

髙平 裕樹

専門的な知識と他覚的なアプローチで、患者さまの『生活の場』の環境作りを心がけています。

保健師助産師看護師法において、看護師の主な業務は『診療の補助および療養上の世話』です。その中で診療看護師は、医師の視点を持ちながら診療の補助行為を行い、病棟管理や患者指導、服薬調整などを行います。看護師の視点を忘れず、医師の[包括的指示][直接的指示]の中でよりスピーディーな加療を行えるように心がけています。まだまだ全国的に数も認知度も少ないですが、とてもやるがいのある仕事です。興味があれば診療看護師のいる施設で働いてみませんか?

nurse_shirakawa
診療看護師
全区分特定行為
研修修了看護師
重症集中ケア認定看護師

白川 大仁

様々な認定分野へのチャレンジができる環境

当院は地域に密着した救急・救命・がん医療・災害拠点を含む総合病院です。そのため診療科も多く、様々な検査や処置を経験することができます。
また、急性期から回復期、訪問看護までトータル的に継続看護を実践できるのも特徴のひとつです。様々な経験を積み自分のやりたい看護は何かを見つけることができる環境でもあります。
当院に在籍している認定看護師は集中ケア・感染管理・認知症・脳卒中リハビリ・心不全・乳がん看護の6分野です。認定看護師は受講にあたっては病院が全面的にバックアップしてくれますので、様々な認定分野へのチャレンジができる環境だと思います。
新久喜総合病院で一緒に働ける日を心待ちにしています。

nurse_nishiguchi
乳がん
認定看護師

西口 沙也佳

他職種や外来、地域と連携しながら日々の活動に取り組んでいます。

心不全患者さんを生活の視点で捉え、これまでの療養行動や価値観を尊重しながら生活調整を行うことが認定看護師として重要な役割であると考えます。心不全患者さんに包括的な支援が出来るよう他職種や外来、地域と連携しながら日々の活動に取り組んでいます。

nurse_sanada
慢性心不全
認定看護師

真田 春香

知識・技術共にスキルアップできる環境です

手術看護は、患者様が安全でより質の高い手術を受けられるように手術中や術前・術後訪問を通して支援しています。メディアで見る『手術器械を渡す印象』があるかと思いますが、麻酔下にある患者様の権利を看護師として守るという役割も手術看護の特徴だと感じています。新久喜総合病院は地域の急性期医療を担っており、定例から緊急まで幅広い診療科の手術に携わることができ、知識・技術共にスキルアップできる環境です。手術室看護師として共に働く仲間をお待ちしています。

nurse_nanbara
手術室
認定看護師

南原 琴美

認知症患者様の状態に応じたケアの実践と家族のサポート

2025年に団塊の世代が75歳以上となり、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症になると言われています。認知症看護認定は認知症患者様にとって安心かつ安全な生活・療養環境の調整を行い、認知症患者様の状態に応じたケアの実践と家族のサポートを行わせて頂きます。また、当院では認知症ケアチームを設置しており、医師・薬剤師・リハビリ・MSW・栄養師とともに認知症患者様のケアを行っています。
新久喜総合病院で皆さんと一緒に働けるのをお待ちしております。

nurse_jinbo
認知症看護
認定看護師

神保 奈保美

より質の高いチーム医療が行えることを目指しています。

2025年問題に向け、「看護師特定行為研修制度」が制度化されました。当院は、断らない医療・救急をモットーとしており、私は救急医療に携わる中で、患者様にタイムリーに医療を提供したいと感じ研修を受講しました。特定行為というと、その医療行為に注目されがちですが、それだけではなく、自分の専攻した分野の知識、技術を活かしながら多職種の架け橋となり、より質の高いチーム医療が行えることを目指しています。大変な事もたくさんありますが、多くの事を学べる環境で、是非一緒に働いてみませんか。

nurse_sato
特定行為
研修修了者

佐藤 綾美