外科

当科では消化器がんと腹部救急疾患の診療に力を入れています。
当科では消化器・肝胆膵疾患を中心とした治療を積極的に行っております。超音波、消化器内視鏡、CT、MRIなど最先端の機器を駆使して正確な術前診断を行い、適切な外科治療を提供しております。日本外科学会、日本消化器外科学会等の認定修練施設を取得しており、最先端の医療水準を確保することを日頃の目標としております。
具体的には、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵がんなどの各種悪性疾患をはじめ、胆石症、ヘルニア、痔などの良性疾患、また虫垂炎、腸閉塞、消化管穿孔など救急疾患の治療にも対応しております。
特に虫垂炎、胆石症、大腸がん、胃がんなどでは低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。通常の開腹手術と比較して傷が小さく、術後の疼痛が軽減され、入院期間も短くて済みます。また、早期の胃がん、大腸がんでは症例により内視鏡的粘膜切除(EMR/ESD)を消化器内科と連携して行なっており、外科切除を回避する治療も導入しています。
救急疾患は救急科とともに他科と連携して治療に当たっており、24時間の対応が可能です。「断らない医療」をモットーに、地域に根ざした総合的な外科診療体制を整えておりますので安心して受診してください。

当科の主な対象疾患と診療内容

■悪性疾患

食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆のうがん、胆管がん、肝臓がん、乳がん

当科では各種がんに対する手術治療を行っていますが、病状に応じて内視鏡治療、抗がん剤などによる薬物治療、放射線治療、がんの苦痛を取り除く緩和的治療にも取り組んでおります。当院は循環器内科、腎臓内科を標榜しており、がんのみを扱う専門病院では受け入れ困難な心臓の悪い患者さんや透析を行っている患者さんの手術も可能です。

■救急疾患

食道破裂、胃・十二指腸潰瘍の出血・穿孔、急性虫垂炎、腸閉塞、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、急性胆嚢炎・胆管炎、急性膵炎、腹部外傷

当院は救急医療に積極的に取り組んでおり、救急部を中心に24時間救急患者さんを受け入れております。当科では救急部と連携し、上記疾患に対して緊急手術、緊急内視鏡治療、薬物療法を行っております。

■その他の疾患

胆石症、そけいヘルニアなど腹部ヘルニア疾患

専門医制度と連携した症例データベース事業について

新久喜総合病院は、2011年1月より「一般社団法人National Clinical Database」を中心とするデータベース事業に参加することとなりました。
本プロジェクトは、日本全国の手術・治療情報をデータベースに登録し、医療の質の向上と患者さんへより適切な医療を提供するために設立され、新久喜総合病院からは外科、呼吸器外科の症例を登録しております。
本プロジェクトの詳細事項などにつきましては「専門医制度と連携したデータベース事業について」をご覧ください。
データ登録の可否につきましては、患者さんのご意思により拒否することも可能ですが、医療の質の向上のため、皆さまのご理解とご協力の程をお願い申し上げます。
●専門医制度と連携したデータベース事業について

●外来診療スケジュールはコチラ

スタッフ紹介

氏名 蒲池 健一蒲池 健一
(かまち けんいち)
役職 副院長・外科医長
専門 消化器外科
資格 外科専門医
救急科専門医
消化器外科専門医
消化器がん外科治療認定医
出身校 久留米大学
氏名 秋元 寿文秋元 寿文
(あきもと ひさふみ)
役職 外科部長
専門 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
出身校 鹿児島大学
氏名 嶋田 将之嶋田 将之(しまだ まさゆき)
役職 外科医
出身校 九州大学