学術実績(2014年度)

学会発表
国内学会
1 景山寛志, 豊岡輝繁, 都築伸介, 岡一成:症候性円蓋部くも膜のう胞に対して神経内視鏡ならびにエコーガイド下でcyst-ventriculostomyを施行した一例. 第123回日本脳神経外科学会関東支部会 2014/04/12, 東京
2 都築伸介, 豊岡輝繁, 景山寛志:二葉にまたがる巨大脳内血腫を呈した中大脳動脈・レンズ核線条体動脈分岐部脳動脈瘤の一例. 第264回埼玉脳神経外科懇話会 2014/06/27, 大宮
3 景山寛志, 豊岡輝繁, 都築 伸介:多発性前交通動脈瘤best clip apply決定における3DCTAの有用性. 第41回埼玉中枢神経画像診断研究会 2014/7/4, 大宮
4 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介:脳室鋳型血腫に対する軟性内視鏡を用いた血腫除去術13例の検討. 第18回埼玉脳血管障害の外科懇談会 2014/07/10, 大宮
5 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:中大脳動脈・レンズ核線条体動脈分岐部動脈瘤の一例. 第124回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会. 2014/09/06, 東京
6 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:後下小脳動脈末梢部解離性動脈瘤の一例. 北関東脳神経外科懇話会. 2014/09/12, 久喜
7 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:側脳室髄膜腫の一例. 第265回埼玉脳神経外科懇話会 2014/09/26, 大宮
8 景山寛志, 宮嶋雅一, 荻野郁子, 中島円, 下地一彰, 深井綾子, 三宅紀子, 西山健一, 松本直道, 新井 一: Magendie孔ならびに大槽拡大を伴う慢性先天性交通性水頭症の臨床・遺伝解析. 第73回日本脳神経外科学会総会 2014/10/09 東京
9 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介, 岡一成:脳室鋳型血腫に対する軟性内視鏡を用いた血腫除去術13例の検討. 日本脳神経外科学会 第73回 学術総会 2014/10/09, 東京
10 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:テント上脳卒中開頭手術後の硬膜下水腫硬膜下血腫および正常圧水頭症についての検討. 日本脳神経外科学会 第73回 学術総会 2014/10/09, 東京
11 景山寛志, 宮嶋雅一, 荻野郁子, 中島円, 下地一彰, 深井綾子, 三宅紀子, 西山健一, 松本直道, 新井一: Magendie孔ならびに大槽拡大を伴う慢性交通性水頭症の臨床像ならびに遺伝解析. 第7回日本水頭症脳脊髄液学会学術集会 2014/10/26
12 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:側脳室髄膜腫の一例. ーKey hole corticotomyにて摘出した大型側脳室髄膜腫の1例ー. 第125回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会. 2014/12/06, 東京
13 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介:Key hole corticotomyにて摘出した大型側脳室髄膜腫の1例. 第2回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス 2015/1/24, 東京
14 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介, 岡一成:脳室鋳型血腫に対する軟性内視鏡を用いた血腫除去術13例の検討. 第20回日本脳神経外科救急学会 2014/1/30, 東京
15 景山寛志, 宮嶋雅一, 荻野郁子, 中島円, 下地一彰, 深井綾子, 三宅紀子, 西山健一, 松本直道, 新井 一: Magendie孔ならびに大槽拡大を伴う正常圧水頭症の臨床像ならびに遺伝解析. 第16回日本正常圧水頭症学会 2015/02/28, 岡山
16 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介, 岡一成:トラネキサム酸による慢性硬膜下血腫術後再発予防効果についての検討. 第38回日本脳神経外傷学会 2014/3/6, 徳島
17 景山寛志, 豊岡輝繁, 都築伸介: 破裂遠位後下小脳動脈瘤に対して開頭術を行った2例 第44回日本脳卒中の外科学会(Stroke2015) 2015/03/28, 広島
18 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介:当院におけるくも膜下出血後の脳血管攣縮予防についての検討 -水分出納管理とナトリウム値補正を中心に-. 第31回スパズム・シンポジウム(Stroke2015)2014/3/26, 広島
19 都築伸介, 景山寛志, 豊岡輝繁:テント上脳卒中開頭手術後の硬膜下水腫硬膜下血腫および正常圧水頭症についての検討. 第40回日本脳卒中学会(Stroke2015) 2015/03/28, 広島
国際学会
1 Terushige Toyooka, Hiroshi Kageyama, Nobusuke Tsuzuki:Effectiveness of flexible endoscopic aspiration for intraventicular casting hematoma. 7th European-Japanese Stroke Surgery Conference. 2014/6/27, Verona, Italy
2 H Kageyama, I Ogino, K Shimoji, M Nakajima, R Fukai, N Miyake, K Nishiyama, N Matsumoto, H Arai, and M Miyajima: Chronic congenital communicating hydrocephalus with wide foramen of Magendie and dilation of cisterna magnum: clinical features and congenital etiologies. Hydrocephalus2014 2014/09/07 Bristol UK.
論文
1 豊岡輝繁, 景山寛志, 都築伸介:t-PA血栓溶解療法を施行した脳底動脈先端部症候群6例についての検討. Neurosurgical Emergency 2014;19(1):72-75

│ 2015年度 │ 2014年度 │ 2013年度 │ 2012年度 │