学術実績(2013年度)

学会発表
2013/04/20 都築伸介,景山寛志,豊岡輝繁:後大脳動脈解離を原因とし,一過性動眼神経麻痺を呈したPNSAHの稀な一例.第120回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会,東京
2013/04/29 Terushige Toyooka, Hiroshi Kageyama, Nobusuke Tsuzuki, Kazunari Oka:Effectiveness of antifibrinolytic therapy after surgery for chronic subdural hematoma. 81st AANS Annual Scientific Meeting, New Orleans, USA
2013/06/21 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介,岡 一成:慢性硬膜下血腫に対するトラネキサム酸内服療法の効果.第260回埼玉脳神経外科懇話会,大宮
2013/07/03 豊岡輝繁 景山寛志 都築伸介:後大脳動脈解離を原因とし,一過性動眼神経麻痺を呈したPNSAHの稀な一例.第17回埼玉脳血管障害の外科懇談会,大宮
2013/07/06 景山寛志,豊岡輝繁,都築伸介:くも膜下出血をともなった時間的・空間的多発脳出血の一例 .第40回埼玉中枢画像研究会,大宮
2013/07/06 都築伸介,豊岡輝繁,景山寛志:当院における脳卒中治療の現状.第40回関東農村医学会 学術大会,大宮
2013/07/20 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介,岡 一成:脳低温療法を施行した重症頭部外傷5例の検討.第16回日本脳低温療法学会,名古屋
2013/07/20 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介,岡 一成:脳動静脈奇形による小脳出血の急性期管理に脳低温療法が奏効した2例.第16回日本脳低温療法学会,名古屋
2013/09/20 都築伸介,豊岡輝繁,景山寛志:当院における脳卒中救急治療の現状.埼玉北部脳神経懇話会,栗橋
2013/09/27 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介:MEP モニタリング下に部分摘出を行った海綿静脈洞部髄膜腫の1例.第261回埼玉脳神経外科懇話会,大宮
2013/10/16 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介,岡 一成:慢性硬膜下血腫に対する術後トラネキサム酸内服療法の効果.第72回日本脳神経外科学会総会, 横浜
2013/10/17 都築伸介,景山寛志,豊岡輝繁:内頚動脈前壁嚢状および解離性動脈瘤の神経放射線学的検討.第72回日本脳神経外科学会 学術総会,横浜
2013/10/18 景山寛志,宮嶋雅一,荻野郁子,新井 一:成人発症型家族性交通性水頭症の遺伝子探索.第72回日本脳神経外科学会総会,横浜
2013/11/05 都築伸介:脳卒中の(急性期)治療.白岡医療連携フォーラム講演,白岡
2013/11/15 Terushige Toyooka, Hiroshi Kageyama, Nobusuke Tsuzuki:Effective Intravenous Administration of Tissue Plasminogen Activator in Patients with Top of The Basilar Syndrome by Cardiogenic Embolism:A report of Six Cases. International TIA/ACVS Conference, Tokyo
2013/11/15 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介,岡 一成:慢性硬膜下血腫に対する術後トラネキサム酸内服療法の効果.NDMC講演会,所沢
2013/12/07 都築伸介,豊岡輝繁,景山寛志:前交通動脈多発性脳動脈瘤の一例. 第122回(社)日本脳神経外科学会関東支部学術集会,東京
2013/12/12 都築伸介:脳卒中のお話.久喜高齢者福祉センター講演,久喜
2014/01/18 景山寛志,豊岡輝繁,都築伸介,岡 一成:症候性円蓋部くも膜のう胞に対して神経内視鏡ならびにエコーガイド下でのう胞脳室短絡術を施行した一例. 第1回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンス,東京
2014/02/01 景山寛志,宮嶋雅一,荻野郁子,深井綾子,三宅紀子,松本直道,新井 一:成人発症型家族性交通性水頭症の原因遺伝子の検討.第15回日本正常圧水頭症学会,大阪
2014/03/13 豊岡輝繁,景山寛志,都築伸介:前頭蓋底 mixed pial-dural AVM の1例.第39回日本脳卒中学会(Stroke2014),大阪
2014/03/13 都築伸介,豊岡輝繁,景山寛志:アプローチ選択にideal closure lineを重視した多発性前交通動脈瘤の手術.第42回日本脳卒中の外科学会 学術集会(Stroke2014),東京
2014/03/15 景山寛志,豊岡輝繁,都築伸介:超高齢者に対する急性期tPA静注療法の効果.第39回日本脳卒中学会(Stroke2014),大阪

│ 2015年度 │ 2014年度 │ 2013年度 │ 2012年度 │