神経内科

対象疾患

神経内科の病気には、厚労省の特定疾患である重症筋無力症、多発性硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統委縮症、筋委縮症をはじめ、年配の方に多いアルツハイマー病や脳卒中、しびれの原因となる末梢神経炎、立ちくらみの原因となる自律神経障害など、多くの疾患があります。

主な診療

神経内科では、脳卒中、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経疾患治療を行っています。頭痛やめまい、手足のしびれやふるえの症状をお持ちの方、アルツハイマー病などの認知症疾患についてはご相談ください。

●外来診療スケジュールはコチラ

スタッフ紹介

氏名 家永 貴夫 (いえなが たかお)
役職 非常勤医師
専門 神経内科
氏名 橋本 祐二 (はしもと ゆうじ)
役職 非常勤医師
専門 神経内科
氏名 堀 匠 (ほり たくみ)
役職 非常勤医師
専門 神経内科