心臓血管外科

目標理念

地域の皆さんから、安心して選ばれる医療を実践するため、最高水準の医療知識・技術を、心を込めて提供させて頂くことを基本方針としています。

頭には最新の知識! 手には安心の技術! 患者さんには愛を!

●外来診療スケジュールはコチラ

スタッフ紹介

氏名 dr_okazaki岡崎 幸生 (おかざき ゆきお)
職位 院長
専門医・指導医等
資格等
外科専門医、外科指導医
心臓血管外科専門医、心臓血管外科修練指導医
胸部外科学会指導医
循環器専門医
日本心臓血管外科学会評議員
臨床研修指導医・プログラム責任者
学位 医学博士(佐賀医科大学)
主な経歴 昭和60年産業医科大学卒業
昭和60年産業医科大学第2外科研修医
昭和61年静岡赤十字病院外科
昭和62年産業医科大学第2外科専修医
昭和63年産業医科大学第2外科助手
平成1年福岡和白病院外科
平成3年佐賀医科大学胸部外科助手
平成4年古賀病院心臓血管外科部長
平成7年クリーブランドクリニックフェロー
平成9年佐賀医科大学胸部外科助手
平成12年佐賀医科大学胸部外科講師
平成18年佐賀大学医学部胸部心臓血管外科学助教授
後に准教授
平成23年福岡和白病院心臓・脳・血管センター長
平成28年新久喜総合病院心臓血管外科部長
救急科部長
趣味 マリンスポーツ(船舶免許)
サイクリング
バレーボール、テニス
陶芸、日本刀鑑賞、サクソフォーン、ジャズ
愛犬、園芸
コメント 患者さんが自分の家族ならどうするかと自問自答しつつ誠心誠意手術に励んでおります。冠動脈バイパス術、弁膜症手術、大動脈外科、心不全外科治療などすべてに対応できるよう切磋琢磨しております。
氏名 浦田 雅弘浦田 雅弘(うらた まさひろ)
職位 心臓血管外科部長
専門医・資格等 日本外科学会認定医・専門医
心臓血管外科専門医
氏名 dr_motoharu元春 洋輔 (もとはる ようすけ)
職位 心臓血管外科 医長

対象疾患と主な手術

冠動脈疾患

  1. 冠動脈バイパス術
    • 手術適応、手術法等
    • 心拍動下冠動脈バイパス術
      冠動脈バイパス術式は、心拍動下冠動脈バイパス術を第一選択としております。単独冠動脈バイパス術症例では、基本的に心拍動下冠動脈バイパス術を施行しております。心機能が極めて不良で人工心肺禁忌がなければ、人工心肺補助下心拍動下冠動脈バイパス術を施行しております。実際の心拍動下冠動脈バイパス手術ビデオ
      心不全合併症例3枝病変に対し、心拍動下に、LITA-LAD, RITA-DG, GEA-RCA4PD, SVG-LCXの4枝バイパスを施行しています。ビデオ1
  2. 急性心筋梗塞に対する外科治療
    • 心室中隔穿孔
    • 左室自由壁破裂
    • 乳頭筋断裂
  3. 陳急性心筋梗塞に対する外科治療
    • 心室瘤に対する左室形成術、Dor手術など
    • 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術

弁膜症

  1. 大動脈弁疾患に対する外科治療
    • 大動脈弁置換術
    • 自己弁温存大動脈基部再建術
  2. 僧帽弁疾患に対する外科治療
    • 僧帽弁形成術;閉鎖不全症ではほぼ全例で形成術
    • 僧帽弁置換術
  3. 三尖弁疾患に対する外科治療
    • 三尖弁形成術
    • 三尖弁置換術
  4. 人工弁の種類
    shinkekkan01

大動脈疾患

  1. 大動脈瘤に対する外科治療
    shinkekkan01shinkekkan02
    shinkekkan03shinkekkan04shinkekkan05
  2. 急性大動脈解離に対する外科治療
    shinkekkan06
  3. 大動脈瘤への血管内ステントグラフト治療
    • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療
    • 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト治療

心不全に対する外科治療

  1. 左室形成術
  2. 補助人工心臓

急性心不全に対する補助装置

  1. IABP
  2. PCPS

末梢血管疾患

  1. 閉塞性動脈硬化症の治療
    • 運動療法・薬物療法
    • カテーテル治療
    • 外科治療

その他

  1. 肺動脈塞栓症
  2. 下肢静脈瘤

トピックス

  1. 胸部下行―胸腹部大動脈手術における対麻痺予防戦略
    • 術前脊髄栄養動脈画像検査
    • 術中脊髄栄養動脈への選択的灌流
  2. 心拍動下冠動脈バイパス術の基礎研究
    • 冠動脈内皮損傷とその予防法
    • 術中僧帽弁閉鎖不全発症機序

循環器内科との協力体制

循環器内科と毎週合同カンファレンスを行って、患者さんにとって最良の医療を提供すべく日々お互いに切磋琢磨しております。