がん診療チーム

新久喜総合病院はがん診療に関わる全ての医師と、がん治療と緩和ケアに携わる看護師、および薬剤師やリハビリ療法士をはじめとする医療技術部が一体となってがん診療チームを構成し、地域のみなさまに信頼されるがん診療を目標に日々精進しています。
また、当院は「埼玉県がん診療指定病院」として地域の皆さまに高度ながん医療を担当する役割を与えられています。日常の診療とともに地域の医療機関と連携し、さまざまな活動に取り組んでいます。

がん診療チームの医師

  • 消化器外科  … 志田晴彦 蒲池健一 秋元寿文 島内貴弘 嶋田将之
  • 消化器内科  … 蒲池良平 村上洋介
  • 呼吸器外科  … 宮田剛彰 比嘉花絵 吉松 隆
  • 乳腺外科   … 早野史子
  • 婦人科    … 鎌田裕之 久野達也
  • 泌尿器科   … 相川健
  • 病理診断科  … 中野盛夫
  • 放射線診断科 … 佐竹光夫
  • 放射線治療科 …  小松哲也

当院で治療を行う主ながん

わが国の5大がんといわれる

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 乳がん
  • 肺がん
  • 肝臓がん
  • をはじめ、

  • 膵臓がん
  • 食道がん
  • 胆管・胆嚢がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん

など多くのがんに対してがん診療ガイドラインに沿った最善の治療を行います。
胃がん、大腸がんは早期病変には身体にキズのつかない内視鏡での切除治療を行います。手術が必要な病変にはステージに応じてキズの小さい腹腔鏡手術と十分な視野のとれる開腹手術を使い分けます。肺がんや食道がんに対しても身体に負担の少ない胸腔鏡手術で手術後のスムースな回復を目指します。乳がんは小さい病変には乳房温存手術と放射線治療が可能です。すべてのがんに対してがんの進行度や患者さんの身体的、社会的状況に応じた適切な治療方針を選択しています。

切れ目のないがん治療をめざして

がん検診から診断、手術、化学療法、放射線療法、手術後のフォロー、緩和ケア治療まですべて一貫したチーム医療で取り組んでおります。ご高齢の方、心臓病や肺疾患、糖尿病、脳梗塞などをお持ちの方も多いのですが、治療後のリハビリテーションが充実していることも当院の誇りです。運悪く進行して見つかったがんや再発したがんに対しての手術治療、化学療法、放射線治療、緩和治療もあきらめずに行っていきます。担当スタッフにはどんなことでも質問や意見をのべていただき、信頼できる関係を作っていきましょう。

チームからみなさまへ

健康でいる時間が長くなるほどがんに罹患する可能性が高まり、今や二人に一人ががんを経験する時代になりました。それほどの日常的な病気であるだけに、遠くの大学病院やセンター病院に通うことなく、がんに関するすべてのことをこの地域の医療で完結できることががん診療チームの目標です。どうぞお気軽にご来院、ご相談ください。

(文責)

氏名 志田晴彦志田 晴彦(しだ はるひこ)
職位 がん診療部長・外科・総院長
経歴 東京大学医学部卒
三井記念病院外科レジデント 
国立がんセンター大腸外科研修
東京厚生年金病院外科部長・副院長  
JCHO東京新宿メディカルセンター副院長
埼玉石心会病院病院長 を経て現在に至る
資格 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本臨床外科学会評議員・学会誌編集委員
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
臨床研修指導医
緩和ケア研修終了