乳腺外科

診療内容・特長

当科では、乳がん、乳腺腫瘍の診断、治療を行います。しこりなどの症状がある方、健診で要精査となった方の精密検査から、乳がんと診断された方の拡がり診断・転移検索、手術、術前後の薬物療法、経過観察、転移再発乳がんの薬物療法を行います。患者さんを中心とした集学的治療を各科・診療部門が連携して診療にあたります。
その他、線維線腫や葉状腫瘍などの良性疾患の診断、治療を行っています。
乳房温存術後や転移再発時の放射線治療も当院で実施可能です。

各科との連携

当院の総合病院である利点を生かし、関連各科と密接に連携して診断・治療を行っています。
健康管理センターでは乳がん検診を行なっており、検診で要精査となった場合、当科ですみやかに精密検査を受けることができます。また、乳がんの診断には画像診断と病理診断が欠かせません。放射線科や病理の医師・技師と連携し総合的に診断を進めて行きます。乳がん手術はがんの拡がりやリンパ節転移有無、患者さんの希望に応じて術式を決定することになりますが、全摘を受けられる場合には形成外科と連携して再建手術を検討できます。最新の放射線治療装置を完備しており、術後や再発巣の放射線治療を受けることができます。薬剤部、看護チームと連携して安心して抗がん剤治療を受けられる体制をとっています。術後のタモキシフェン療法を受けられている方は婦人科でのフォローをお勧めしています。

診療体制

マンモグラフィ
超音波検査
MRI
穿刺吸引細胞診
針生検
摘出生検
センチネルリンパ節生検
手術
薬物療法(ホルモン療法、抗癌剤治療、分子標的薬)
放射線治療(放射線科)
乳房再建(形成外科)
乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(マンモトーム生検)〈導入予定〉

形成外科

●外来診療スケジュールはコチラ

スタッフ紹介

氏名 早野 史子
早野 史子(はやの ふみこ)
役職 乳腺外科医長
出身校 佐賀医科大学
資格 日本外科学会専門医
日本乳腺学会認定医
緩和ケア研修会修了