医療安全管理課

医療安全管理課は、「院内でヒヤリとした、ハッとした事例」を中心に内容の検討・分析を行ない再発防止策を立て、全職員にフィードバックすることによって、アクシデントを減少させ、患者さんにとって安全で安心してかかることのできる病院を目指して活動しています。
また、職員を対象に医療安全に関する研修などを企画し、職員の安全意識の向上に努めています。

安全管理体制

  1. 院内の安全管理体制の構築、推進のため職種横断的な組織としての医療安全管理委員会および医療安全対策部会の運営に参画しています。
  2. 安全管理に関する基本的考え、医療安全管理委員会・医療安全対策部会に関する基本的事項等について明示した、安全管理のための指針を策定しています。
  3. 医療安全管理委員会・医療安全対策部会の活動についての定期的な評価と円滑な運営に向けて調整を行い、目的に応じた活動が行えるよう支援しています。

主な業務

  1. 安全に関する院内の安全体制「医療安全管理委員会・医療安全対策部会」に参画し、各種活動の円滑な運営を支援しています。
  2. インシデントに関する報告により、早期にリスク情報の把握をしています。
  3. 人間はエラーを犯すということを前提に、個人ではなくシステムの問題として捉え、予防の視点でインシデントの原因や状況の分析を行っています。
  4. 原因分析の結果を踏まえて、インシデント発生の防止策と発生後の対応策を講じ、必要な情報を現場にフィードバックしています。
  5. 対処に当たっては、結果の重大性や頻度に基づいて優先順位を決定し、その対処策の有効性について評価を行なっています。
  6. 職種横断的な医療安全活動の推進や部門を超えた連携に考慮し、職員教育・研修の参画、実施、実施後の評価と改善を行なっています。
  7. 医療安全管理に関するマニュアルの改訂を行なっています。
  8. 安全管理体制を組織内に根づかせ機能させることで、当院における安全文化の醸成を促進させています。