メニュー

HOME > 診療科・部門紹介 > 各部のご案内 > 看護部 > 新人看護師の声 2014(2)

新人看護師の声 2014(2)

3階西病棟

木村 浩美南埼玉郡市医師会久喜看護専門学校
平成25年度卒業
木村 浩美

入職してからしばらくの間は新人研修を受け、たくさんの内容を丁寧に指導していただきました。研修が終わって病棟勤務が始まると、学んだことが実際にできるのだろうかと不安でいっぱいでしたが、プリセプターや先輩に見守られて患者さんに少しずつ関わりながらご指導していただき、分からないことは質問しながら日々学んでいます。また勉強会にも参加しています。現在2人の患者さんを受け持ちながら、チームの一員として仕事ができるようにさまざまな業務を覚えています。

村上 彩上尾市医師会上尾看護専門学校
平成25年度卒業
村上 彩

最初は不安でいっぱいでしたが困ったことに直面したときでも、プリセプターがやさしく指導サポートしてくれるのでとても心強いです。プリセプターや先輩に指導を受けながら患者さんを受け持ったり、処置や検査の介助の方法を教わったり、一緒にケアしながら充実した日々を過ごしています。

増田 清美川口市立看護専門学校
平成25年度卒業
増田 清美

久喜総合病院は、新人教育プログラムがきちんと確立されており、第2看護学科卒業の人にも基礎から指導してくれます。プリセプターもすごくやさしく、常に相談にのってくれて分からないことはすぐに質問して解決できるすばらしい環境です。患者さんへの対応もすばらしく、学生時代の実習のように患者さん一人ひとりの個別性にあった看護を実践できます。最近患者さんに「ここの病院の看護師さんってみんなやさしいよね。この病院にしてよかったわ」と言ってもらえてとても嬉しかったです。私はこの病院で看護師一年目を迎えられて良かったと思います。

4階東病棟

高橋 あずさ南埼玉郡市医師会久喜看護専門学校
平成25年度卒業
高橋 あずさ

入職したての頃は、看護師として仕事ができるか不安ばかりの日々でしたが、プリセプターや先輩方の丁寧な指導のおかげで徐々に慣れ、充実した毎日を送っています。 社会人として働き始め、学生の頃とは違う責任の大きさや仕事の大変さを感じ、学生時代を思い出す日も少なくありません。

野村 由季首都医校
平成25年度卒業
野村 由季

外科病棟のため検査や手術など覚えることが多く大変なこともありますが、プリセプターとして指導してくださる先輩が看護技術や知識を丁寧に一つずつ教えてくださり分かることも増えてきました。他の先輩方も私が困っていると声をかけてくれたり教えてくれたりするので、周囲のサポートを受けながら毎日学ぶことができています。患者さんに安心・信頼してもらえる看護ができるよう日々これからも精進していきたいと思います。

5階東病棟

須藤 瞳上尾市医師会上尾看護専門学校
平成25年度卒業
須藤 瞳

入職した頃は自分が看護師としてやっていけるのか仕事を覚えられるのか不安でいっぱいの日々でしたが、プリセプターや先輩にご指導いただきながら徐々に看護業務にも慣れることができました。社会人としての責任の重さや仕事の大変さを感じています。

5階西病棟

岡野 汐里日本保健医療大学
平成25年度卒業
岡野 汐里

入職してから初めのうちは本当に私が看護師としてきちんと務まるのか不安で仕方ありませんでした。現在はまわりの先輩看護師やプリセプターにサポートしていただき、受け持ちの患者さんも増え、働きながら学んでいるところです。覚えることがたくさんあって忙しい日々を送っていますが、徐々にできることが増えていく楽しみも感じています。同期で入った看護師の方々とも仲良くなり、仲間として励み合えることも今では楽しみの一つです。

│ 2014(1) │ 2014(2) │ 2013 │