平成30年度 医療法人社団埼玉巨樹の会新久喜総合病院 病院指標

平成29年度病院指標はこちら
平成28年度病院指標はこちら

病院指標の作成と公開

はじめに

当院の特徴や急性期医療についてご理解を深めて頂くことを目的として、DPCデータ(※1)から全国統一の定義と形式に基づき病院指標を公開しております。

(※1)DPCとは・・入院期間中に治療した病気の中で最も医療資源を投入した一疾患に対して、1日あたりの点数が定められております。診療点数を疾患ごとにグルーピング(包括)して考え、診療報酬を決めていく方法です。

期間と対象について

平成30年4月1日から平成31年3月31日までに退院された患者様の中で、自賠責保険や労災保険、自費などの患者様は、対象外としました。

病院指標名称

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、そのほかの真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

①年齢階級別退院患者数

年齢階級 0~9歳 10~19歳 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70~79歳 80~89歳 90歳~ 合計

退院

患者数(人)

2 157 226 278 562 754 1,372 2,217 1,566 401 7,535

特徴:平成30年度の退院患者数は、7,535名でした。
当院は、幅広い年齢層の患者様の治療を施行しております。
60歳以上の患者様が7割超を占めております。
60歳以上の主な疾患は、『狭心症・慢性虚血性心疾患』の654件が最も多く、60歳以上の患者様の約11.7%を占めております。次いで『脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満)』の265件、『心不全』の202件、『結腸(虫垂を含む)悪性腫瘍』157件となっております。

59歳以下の主な疾患は、『狭心症・慢性虚血性心疾患』の96件が最も多く、59歳以下の患者様の約4.8%を占めております。次いで『虫垂炎』の66件、『顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む)』の57件、『足関節・足部の骨折・脱臼』の52件です。

当院は、『断らない医療』を実践し、地域の皆様に必要とされる2次レベル以上の救急に対応しております。
安心で安全な医療を24時間365日、救急医療に重点を置いた地域医療の中核病院を目指しております。
埼玉県がん診療指定病院として、手術治療・抗癌剤治療・放射線治療等を適切に組み合わせ、集学的に治療に取り組んでおります。

・平成30年度に退院した、一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数です。
・年齢は、入院日の年齢で集計しております。

②診断群分類別患者数等

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置等1 なし、1,2あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 411 3.00 4.47 0.36% 70.55
2 050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置等1 2あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 196 2.70 3.15 0.00% 72.33  –
3 050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 104 11.50 17.66 0.00% 79.60  –
4 050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置等1 1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 89 2.91 3.01 2.00% 67.83  –
5 030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術処置等1 あり 80 2.00 2.04 0.00% 60.10

当院では、循環器疾患をもつ患者様に24時間365日、最新・最良・丁寧な医療が提供できるように、血管造影室は2室、64列マルチスライスCT、ガンマカメラシステム、MRI(1.5T、3.0T)、血管内超音波システム、経皮的心肺補助装置などの、最新の医療設備を整え、虚血性心疾患に対するカテーテル治療と不整脈に対するアブレーション治療を中心に、心不全・心筋症・心臓弁膜症・大動脈疾患に対応しております。当院は地域の中で数少ないカテーテルができる高度医療機関として、心筋梗塞や急性心不全などの救急の循環器疾患に加え、慢性虚血性心疾患のカテーテル治療や、他院で診ることのできない重症の心不全診療も行っています。特にカテーテル治療は、血管内に細い管(カテーテル)を挿入して血管の内側から治療を行うため、短時間・低侵襲で患者様の負担を軽減することができる治療として、当院では力を入れております。その結果、患者数のうち慢性虚血性疾患が上位を占めています。また、高齢化に伴い心不全患者数も増加していますが、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療や、最近では、徐脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療も徐々に増えてきており、あらゆる疾患に対応しています。治療に関してメリット・デメリットを説明し、治療法を提案したうえで患者様にとって最適な選択をしていただけるように心掛けております。

外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術鼠径ヘルニア等 88 4.80 4.96 0.36% 70.48
2 060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 84 7.40 10.08 2.83% 77.57
3 060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 69 7.00 8.95 2.56% 66.65
4 060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 6あり 定義副傷病 なし 57 4.70 4.41 2.78% 70.16
5 060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 57 6.00 7.75 0.00% 60.14

外科では、救急医療に積極的に取り組んでおり、救急部を中心に24時間365日、救急患者様を受け入れております。救急部と連携し、緊急手術、緊急内視鏡治療、薬物療法を行っております。主な対象疾患は、腹部救急疾患、消化器癌(食道癌・胃癌・大腸癌・膵臓癌・胆のう癌・胆管癌・肝臓癌)です。癌に対しての治療は、手術療法を中心に行っておりますが、患者様にとっての最良の医療を提案し、病状に応じて内視鏡的治療、抗癌剤療法・放射線療法や、がんの苦痛を取り除く緩和的治療にも取り組んでおります。鼠径ヘルニア・胆嚢炎・胆石症・虫垂炎などの手術は、患者様にとって負担の少ない腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っております。手術に関しては、合同カンファレンスやキャンサーボードを行い、安全で適切な治療法を実施できるようにチームで体制を整えております。胆嚢摘出、虫垂切除は、症例によっては切開創を臍のみとする『単孔式腹腔鏡下手術(SILS:Single Incision Laparoscopic Surgery)』を行っております。また、結腸切除SILSを応用したReduced port Surgery を行い、従来の腹腔鏡下手術と比較して手術の切開創の数やサイズを減らし、身体の負担を小さくする努力を行っております。膵体尾部手術については、腹腔鏡下膵体尾部切除、肝部分切除については腹腔鏡下肝切除を行っております。外科では、患者様の身体の負担が少ない手術ができるようにカンファレンスを行い、患者様のQOL(生活の質)に最適な外科治療を行っております。

形成外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 48 5.90 5.37 0.00% 46.21  –
2 070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術処置等1 なし 定義副傷病 なし 37 4.20 5.59 0.00% 56.62  –
3 160640xx01xxxx 外傷性切断 切断四肢再接合術 32 15.47 20.27 0.00% 52.84  –
4 070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術処置等1 なし 32 5.10 4.86 0.00% 57.22  –
5 160640xx97xxxx 外傷性切断 その他の手術あり 30 9.95 11.11 0.00% 50.90  –

形成外科は、主として身体外表の形態異常、醜形・欠損を治療し、形態的・機能的に再建する、他の外科にはない特徴があります。日本形成外科認定施設として、熱傷、顔・体幹・手足の先天異常や外傷、多発顔面骨骨折、前頭骨骨折、下顎骨骨折等の顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、耳下腺腫瘍等の皮膚良性および悪性腫瘍、瘢痕、ケロイド、壊死性筋膜炎、皮膚難治性潰瘍、褥瘡、眼瞼下垂、睫毛内反症など、形成外科全般を取り扱っており、急性期救急病院の特性上、特に外傷形成外科に力を入れております。顔面骨骨折観血的整復術や切断指再接着術においては関東圏でも有数の症例数を誇ります。皮膚がんに対して、大きさやがんの組織などを検査し、局所麻酔下の摘出術から、全身麻酔下まで、幅広く対応しております。また多数指切断再接着術や遊離皮弁術、両側リンパ管静脈吻合術等長時間に及ぶ手術では顕微鏡を2台使用し、手術時間の短縮を図っております。患者様のQOL(生活の質)の向上に貢献するよう、特殊な技術を駆使し、機能のみらず形態的にもより正常に、より美しくを目指しております。

整形外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 135 18.00 26.30 14.75% 80.05  –
2 160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 91 3.83 5.68 1.67% 58.67  –
3 160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし 50 5.30 6.07 0.00% 47.96  –
4 160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術処置等2 なし 37 19.30 16.98 0.00% 61.04  –
5 160850xx02xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 手術あり 34 5.37 4.99 0.00% 47.59  –

肩から足までの全ての骨や関節の変形や痛み、交通事故やスポーツ外傷の治療を、24時間365日行っております。救急で搬送される患者様については、救急科や形成外科等と連携して緊急手術を行うなど、迅速に対応しております。投薬や装具療法では症状が改善されなかった四肢の変形性関節症に対し、人工関節置換術や骨切り術などの手術加療を行っております。また関節鏡を用いた手術を積極的に行い、子どもから大人まで全ての年齢の方々に対応し、患者様の病態にあった治療を行っております。できるだけ早期に手術を行うように務めております。

脳神経外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 102 12.10 16.18 5.00% 68.03  –
2 010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 6.40 7.28 9.52% 53.71  –
3 010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 14.20 18.72 22.58% 65.87  –
4 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 48 8.80 7.35 6.67% 72.90  –
5 160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病名なし 47 10.50 9.69 10.71% 69.21  –

脳神経外科専門医チームでは、急性期脳卒中をはじめとする脳・脊髄疾患全般に対して、緊急対応や高度な診断・治療を行っております。画像診断機器(CT・MRI・脳血管造影)の画像診断を駆使し、病態の診断を迅速に行っております。そして患者様に合った低侵襲の治療を選択し、実施しております。手術は、MEP・SEPなどの電気生理学的モニタリングや、術中ICG蛍光血管造影を用いて、安全確実な手術を行っております。くも膜下出血をはじめとする急性期脳卒中や未破裂脳動脈瘤の治療は、経験を積んだ専従チームにより医療を提供しております。水頭症・脳室内腫瘍に対して、神経内視鏡エキスパートによる低侵襲な手術を行っております。

消化器内科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 94 2.20 2.67 0.00% 66.71
2 060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 9.90 10.58 5.50% 71.40
3 060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置等2 なし 43 5.35 5.42 0.00% 55.37
4 060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術処置等2 なし 37 6.80 8.93 5.05% 66.13
5 060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 6.00 7.40 11.25% 69.53

消化管出血・胆管炎・消化管異物・吐下血などの、緊急内視鏡に対して24時間365日対応しております。早期胃癌・早期大腸癌・ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や、胆石・総胆管結石に対する内視鏡ドレナージ及び砕石治療を積極的に行っております。EMR・ESDの入院治療は約3日で、クリニカルパスによる計画的な入院治療を行っております。胆管炎に対しては、胆道にチューブを留置し胆汁の流れを良くする内視鏡的胆道ステント留置術を行っております。内視鏡治療は年間560件以上施行しております。また、他院も含め専門科と連携をとり、スムーズなチーム医療を行っております。内視鏡ポリープ切除術は、条件が合えば、日帰り入院で積極的に行っております。(条件:①血液サラサラの薬を飲んでいない ②大きさが7mm以下であること)。膵臓がんや膵のう胞性疾患を早期に診断し、治療成績の向上に努めることを大きな目標としております。今後は、超音波内視鏡検査を導入し、早期膵がんの発見と治療を、積極的に行ってまいります。

呼吸器外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 28 5.50 10.00 0.00% 73.23
2 040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術処置等2 なし 25 8.10 11.87 0.00% 74.24
3 040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 4.90 10.08 0.00% 38.35
4 040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 7あり 定義副傷病 なし 13 5.20 10.92 0.00% 72.46
5 040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 10 10.40 14.58 0.00% 81.20

呼吸器外科では、肺腫瘍性疾患(原発性肺癌・転移性肺腫瘍・良性腫瘍)、胸膜疾患(気胸・縦隔気腫)、呼吸器感染症(肺炎・胸膜炎・膿胸)、胸部外傷(肋骨骨折・胸部骨折・血胸)、縦隔腫瘍性疾患等を診ております。肺癌治療成績の向上のため、健診部門との連携による早期発見・早期治療を行っております。治療に際しても、手術、全身化学療法、放射線療法などの集学的治療を行っております。その他、救急医療に関しても積極的に取り組んでおり、若年者を中心として発症する「気胸」、高齢者の肺炎の悪化から発症する「膿胸」、突如として見舞われる「胸部外傷」の治療など、幅広い年齢層にわたる疾患を各診療科と共にそれぞれの患者様に寄り添った治療を行って参ります。特に『肺癌』の手術は、昨年度に比べ大幅に増加しており、積極的に取り組んでおります。

乳腺外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置等2 なし 50 12.16 10.59 0.00% 60.10
2 090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 4あり 28 3.10 4.28 0.00% 57.10
3 090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 27 2.70 4.02 0.00% 49.95
4 090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術処置等2 なし 10 6.50 6.23 0.00% 62.00
5 090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 3あり 定義副傷病 なし 7.44

乳癌、乳腺腫瘍の診断・集学的な治療を行っております。また、石灰化に対し、ステレオガイド下マンモトームを施行しております。当院は心臓疾患や生活習慣病などの既往疾患のある患者様が多く、経過観察中に乳がんが発見されることがあります。しこりなどの症状がある方や、健康診断やがん検診で要精査となった方の精密検査や、乳癌と診断された方の拡がり診断・転移巣検索を行っております。乳癌に対しては、患者様の希望と病態に合わせた集学的治療を各科・診療部門と連携して行っております。当院の集学的治療には、手術の術前・術後の化学療法や内分泌療法・放射線療法があります。進行乳癌の患者様に術前化学療法を行い、手術を施行しております。手術に関しては、術前検査で得られた診断をもとに、患者様とよく話し合って切除範囲を検討しております。形成外科と協力し、筋皮弁や植皮を行うことが可能です。また、自家組織再建が可能です。他院にて乳房温存手術後の再発予防や、転移再発時の治療として放射線治療も他院と連携して行っております。

救急科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 10.00 20.92 26.90% 81.24
2 060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 46 5.40 5.49 0.00% 43.03
3 060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 26 8.20 9.94 0.00% 52.00
4 0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 重症度等 A-DROP スコア1 23 10.90 13.46 12.50% 84.78
5 100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 22 8.60 10.03 0.00% 72.73

救急科は、心臓血管外科医、消化器外科医、脳神経外科医、消化器内科医等の混成チームです。毎月500~600台の救急車を受け入れ、1000~1500名程度のウォークイン患者様を受け入れております。全ての救急患者様に対応し、それぞれの専門分野に応じ主治医決定し、質の高い医療を実践しております。当院では、『消化管出血』の患者様の受入の対応能力を高めるために内視鏡室の新装改築して、消化管出血救急当番を積極的に引き受けております。救急の患者様は、入院から退院まで責任を持って、病院全体が救急チームとして高度救急医療を実施しております。

婦人科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 2.80 4.79 0.00% 69.00
2 120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 5あり 定義副傷病 なし 15 3.90 4.61 0.00% 65.33
3 120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 14 10.10 10.16 0.00% 58.40
4 12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 3.70 4.85 0.00% 64.33
5 120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 11 11.09 9.87 0.00% 47.40

婦人科では、子宮頸部・子宮体部・卵巣の腫瘍診断と腫瘍に対して、手術・化学療法・放射線治療の集学的治療を行っております。初期(上皮内)の子宮頸癌に対しては、患者様に負担の少ない、円錐切除術を行っております。OC/LEPの新しい方式での治療や閉経期障害診療・ホルモン補充治療を積極的に行っております。婦人科腫瘍専門医及び女性のヘルスケアアドバイザーが最新の医療に基づいた正確な診断をし、他科と連携をとりながら適切な治療を行っております。治療は、『QOL(生活の質)』に配慮し、治療後の経過観察と支援も行っております。

腎臓内科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 5.70 12.05 0.00% 75.73
2 110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 10.5 13.16 11.11% 69.50
3 110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 5.80 8.75 0.00% 80.00
4 110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 10 11.30 14.21 0.00% 69.38
5 110320xx99xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) 手術なし 9.29

腎臓内科では、腎臓の働きに異常が認められる疾患を治療します。腎臓は、生命活動に伴う老廃物を尿中に排出する機能に加えて、体液や骨を正常な状態に制御する機能を担っており、血圧異常や骨粗鬆症等の骨の異常、さらに貧血等にも腎臓の疾患が関与している可能性があります。慢性腎臓病は、認識がなくとも、糖尿病や高血圧症の合併症として頻繁に認める疾患です。慢性腎臓病が進行すると人工腎臓(透析)の助けが必要となってしまうことがあります。当院は、透析科で透析導入をサポートしております。当院の腎臓内科では、腎臓専門医に加え、高血圧専門医、内分泌専門医としての経験を活かして、腎臓疾患に対する適切な治療を提供しております。

耳鼻咽喉科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 42 4.40 5.10 0.00% 58.50
2 030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 31 5.60 5.43 3.33% 64.89
3 030428xxxxxxxx 突発性難聴 9.02
4 030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 4.84
5 030380xxxxxxxx 鼻出血 5.56

耳鼻咽喉科では、耳、鼻、咽頭・喉頭、頸部などの炎症、腫瘍、外傷などを主に診察しています。また、聴覚、嗅覚などの感覚器や、発声、摂食・嚥下などの機能をつかさどる器官を取り扱う診療科でもあります。当院の特徴として、慢性副鼻腔炎や扁桃炎、中耳炎、声帯ポリープ、頚部腫瘍などの一般的な治療は日常診療において大変多く行われています。耳の疾患(メニエール病)に対しては、回転性のめまいなどの症状があるので、病態によって外来または入院治療を行っております。当科では、より良く聞きたい・自分の声を出したい・自分の口で食べたいといった、QOL(生活の質)を高めるための治療を行っております。

心臓血管外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 50 2.10 2.85 0.00% 72.33
2 050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置等1 なし、1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 2.80 5.5 0.00% 71.34
3 050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術処置等1 なし、1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 11.7 12.52 11.11% 68.72
4 050130xx97000x 心不全 その他の手術あり 手術処置等1 なし、1あり 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 14.80 23.94 19.05% 78.34
5 050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術処置等2 なし 19 15.76 12.01 0.00% 77.90

循環器内科と連携し、虚血性疾患手術(冠動脈バイパス術ほか)、弁膜症手術(弁置換術・弁形成術ほか)、大動脈疾患(大動脈瘤・急性大動脈解離ほか)等の心臓・大血管・末梢血管手術を中心に、24時間365日対応しております。大動脈疾患に対するステントグラフト内挿術、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術のカテーテルによる最新の低侵襲治療を積極的に行っております。患者様の身体に合わせた低侵襲治療により負担が少なく、早期退院・早期社会復帰が期待できます。前年度より症例数はUPし、在院日数も短くなっております。都内や埼玉都心部へ行かなくても地元で心臓手術を受けられるように、循環器内科と毎週合同カンファレンスを行って、患者様にとっての最良の医療を提供できるようにチームで取り組んでおります。

泌尿器科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 62 10.50 12.58 0.00% 66.89
2 110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置等1 あり 定義副傷病 なし 51 3.00 2.53 0.00% 68.84
3 110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 38 6.80 7.20 3.45% 73.24
4 11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 13 2.50 5.86 0.00% 51.17
5 11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術処置等1 なし 定義副傷病 なし 12 3.29 5.62 0.00% 62.57

泌尿器科では、腎臓から膀胱、尿道までの尿路と前立腺、精巣、陰茎などの男性生殖器にわたる幅広い臓器の異常に対して治療をしております。前立腺、膀胱等の悪性疾患の癌や、良性疾患の炎症や結石、尿失禁や排尿障害まで様々な病気に対応しております。初期の膀胱癌に対しては、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)の低侵襲治療を行っております。尿路結石に対しては、TUL(経尿道的尿路結石除去術)、ESWL(体外衝撃波砕石術)を行っており、患者様と相談しながら身体に負担が少なく、再発しない治療を行っております。昨年と比較しますと、症例数は100以上増えております。今後も、泌尿器疾患を積極的に治療していきます。当院の他の診療科や地域の医療機関と連携しながら安心できる適切な医療を心掛けております。

脊髄脊椎外科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 39 11.47 19.61 0.00% 77.87  –
2 070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術処置等2 1あり 25 2.00 2.79 0.00% 74.33  –
3 070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術あり 手術処置等1なし 23 16.90 20.71 0.00% 68.90  –
4 070341xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 手術処置等2あり 19 2.00 3.17 0.00% 70.05  –
5 070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術処置等2 なし 15 15.80 16.80 0.00% 72.69  –

当院では、平成29年度より脊髄脊椎外科を開設しました。脳疾患だけではなく、頸部から足先までの幅広い「痛みやしびれ」などに対し、専門的に治療しております。日常的におこりやすい腰痛、頸部や肩、腕の痛み、腰から足先にかけての痛み、しびれ、歩行障害、坐骨神経痛、圧迫骨折などの患者様が受診されます。最も多い症例が胸椎・腰椎骨折に対し、治療を施行した症例です。当院の平均在院日数は全国の平均在院日数より短くなっております。脊髄脊椎の外科治療は、神経を含んだ運動器官の治療となる為、特化すべき分野と考えております。初期のものは保存的治療が有効です。血流改善や、安静治療で回復する場合があるので、患者様と相談しながら治療を行っております。

代謝糖尿病内科

No 診断群分類番号 名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1 100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置等2 1あり 定義副傷病 なし 重症度等 85歳未満 29 7.40 13.90 0.00% 63.04  –
2 100380xxxxxxxx 体液量減少症 24 6.80 9.12 0.00% 70.94  –
3 100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置等2 1あり 定義副傷病 あり 重症度等 85歳未満 15 10.20 15.51 9.09% 73.09  –
4 100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし 13.50  –
5 100050xxxxxxxx 低血糖症(糖尿病治療に伴う場合) 5.87  –

代謝糖尿病内科では、糖尿病を始めとし、動脈硬化性疾患をおこす脂質異常症、高血圧症、肥満症など代謝疾患に対応し包括的な診療を取り組んでおります。糖尿病においては、患者様の背景を考慮したより良い薬物療法の選択、インスリン治療、糖尿病教育入院、栄養指導など全てにおいて対応しております。また、早期発見・早期治療を心掛けており、平均在院日数は全国の平均と比べ短くなっております。

③5大癌の病期分類別(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 15 20 30 1 第8版
大腸癌 33 40 63 64 37 1 第8版
乳癌 26 34 23 19 1 第8版
肺癌 20 13 10 23 1 第8版
肝癌 11 23 1 第8版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

・当院の5大癌のうち、上皮内癌(Tis,N0,M0 stage0)は・・・乳癌  3件
                              大腸癌 9件
・平成30年1月~12月のがん登録数(国立がんセンターへ提出済)は703件でした。
・当院では5大癌をはじめ、膵臓がん・食道がん・胆管がん・胆嚢がん・子宮がん・卵巣がん・皮膚がん・前立腺がん・膀胱がんなどの多くのがんに対して、がん診療ガイドラインに沿った最善の治療を行っております。
・がん検診から、診断、手術、化学療法、内分泌療法、放射線療法、治療中や手術後フォロー(リハビリ)、緩和ケア治療まで、すべて一貫したチーム医療で取り組んでおります。
がん治療中や手術後のリハビリテーションは、QOL(生活の質)を高めるためにとても大切です。
・胃がん・大腸がんの早期病変には内視鏡治療(EMR・ESD)を行います。進行がんには、病期ステージに応じてキズの小さい腹腔鏡手術と視野のとれる開腹手術を使い分けます。
・肺がん・食道がんは、負担の少ない胸腔鏡手術を行っております。
・乳がんは病期ステージに応じて、乳房温存手術+放射線治療などの集学的治療を行っております。
・がん治療を極力外来でできるように、一人ひとりの患者様にあった最適な治療を提供しております。また遠方の大学病院や、センター病院などの専門病院に通うことなく、がんに関して最大限の治療効果を引き出すよう、がん診療チームは努めております。
・キャンサーボードを毎月開催しております。
・令和元年8月に、第1回地域参加型キャンサーボードを開催しました。

●上記表について
 ※平成30年4月1日~平成31年3月31日までの退院患者様を対象としています。
※集計期間内に何度も入院されている場合は、それぞれの入院を1件として数えています。
※平成30年以降発症はUICC 第8版にて分類しています。
※初発:当院でがんの診断、診断と初回診療、初回診療のいずれかを実施した場合。
※再発:自他病院問わず、初回治療が終了した後、当院で診療した場合や治療後に再発した場合。
日本で現在、最も罹患数の多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(ステージ)ごとの集計をしました。
がんは初発がんと再発がんに分けられ、それぞれを分けて集計しています。
がんの症例数をみることで、その病院がどの程度積極的に、がん治療を行っているかを知ることができます。
また、病期分類をみることによってその病院の診療の幅広さを知ることができます。
●病期(ステージ)とは・・・
がんの病期の分類法としては『TNM分類』によって表されることが一般的です。
T:がんがどのくらいの大きさ・深さ・広がりになっているか。
N:周囲のリンパ節にどれほど転移しているか。
M:遠隔臓器への転移はあるか。
TNM分類をもとに、がんの進行度と広がりの程度を一度に表すことが出来るように作られたのが、『ステージ分類』です。
Ⅰ期~Ⅳ期の4段階で表されます。Ⅰ期は「早期がん」で、Ⅳ期は「進行がん」です。
Ⅰ期とⅡ期の場合は、治療により完治する確率が高く、Ⅲ期とⅣ期の場合では、治療により完治することが難しくなります。

④成人市中肺炎の重症度別患者数等(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 6.27 54.80
中等症 85 10.71 80.67
重症 29 10.38 83.45
超重症 15 12.13 82.73
不明 0.00 0.00

※入院の契機と最も医療資源を投入した傷病名がJ13~J18に限る

※市中肺炎とは
普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
指標は、細菌による肺炎を集計しています。(インフルエンザなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による誤嚥性肺炎や気管支炎などは、集計対象外です。)

※当院の特徴

 重症度が高くなると、平均年齢が上がる傾向があります。
慢性呼吸器疾患をお持ちの患者様は、繰り返し肺炎に罹患してしまう傾向があります。
経過観察をして再発しないように努めております。
原因菌を調べ、適切な抗菌薬を選択し、素早く薬剤投与・酸素投与などの支持療法を行っております。
高齢者で合併症を有する肺炎は、重症化の危険性が高いため、長い療養期間が必要となっております。
当院は、入院時に退院後も考えて、呼吸器リハビリテーションにてサポートしております。

【肺炎の重症度分類(A-DOROPスコア)】

1.男性70歳以上、女性75歳以上 軽傷:左記5つの項目の何れにも該当しないもの
2.BUN 21mg/dL以上または脱水あり 中等症:左記5つの項目のうち1つ又は2つ該当するもの
3.SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下) 重症:左記5つの項目のうち3つ該当するもの
4.意識障害あり 超重症:左記5つの項目のうち4つ以上該当するもの
5.血圧(収縮期)90mmHg以下 またはショック状態であるもの

※ BUN・・血液に含まれる、尿素窒素の量
  SpO2・・経皮的酸素飽和度
  PaO2 60Torr以下・・動脈血の酸素分圧

⑤脳梗塞の患者数等(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 322 35.34 73.34 10.74%
その他 4 25.50 75.00 0.00%

当院は、発症日3日以内の脳梗塞(I63$)の患者様が7割以上となっており、多数搬入されております。
緊急性のある脳梗塞に対して、24時間365日対応しております。
入院期間は、約35日ほどで、約1割の患者様は当院での治療終了後、リハビリ病院などに転院されています。
当院では、発症4.5時間以内の急性虚血性脳卒中(脳梗塞)に対して、t-PAによる血栓溶解療法と経皮的脳血栓回収を積極的に行っております。
定時の予定手術は、原則として無剃毛で行っております。これにより、早期社会復帰が可能となり、また、整容上の精神的ストレスを軽減しています。

⑥診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

循環器内科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 539 1.90 2.56 1.07% 71.41
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 58 0.85 2.43 0.00% 72.24
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 37 2.83 5.75 0.00% 68.17
K5492 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 31 1.39 6.87 9.68% 79.39
K5491 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 25 1.00 1.53 0.00% 67.44

当院の循環器内科の特徴として、心臓病に関わるほとんどの病気と、首から下の血管の病気の診断と治療を行っております。動脈硬化性疾患の早期発見、治療及びその後の管理を地域開業医の先生方と協力し行っております。外来では、320列CT及び3テスラMRI、超音波検査と運動負荷試験、アイソトープ検査などにより診断の確定を行います。入院では、なるべく患者様の負担にならないように入院日数の短縮、日帰りカテーテル検査を積極的に行い、カテーテル治療の必要性を厳密に判断し、多くの患者様に治療を行っております。そのため、県内有数の症例数が多い施設となっております。他院でカテーテル治療が困難と判断された方も、適宜ロータブレーターなどを用いて治療を行っております。また、薬物治療を行う際にも処方の組み合わせや、患者様の個々の状況に合わせて処方内容を適宜調整し、有効で安全な治療を心掛けております。全身血管に関しては、首から上は脳神経外科があり、協同して治療を行います。鎖骨下動脈、腎動脈、腹腔動脈、下肢動脈はすべて循環器内科で血管治療が可能であり、大動脈や内科的治療の範疇をこえる状況のときには心臓血管外科と協同し、患者様の治療に当たります。動悸や脈の異常など不整脈にも積極的に治療に取り組んでおり、患者様の状態に合わせてアブレーション(心筋焼灼術)を行っております。また、ペースメーカー、リードレスペースメーカー、ICD(植え込み型除細動器)、s-ICD、CRT-D(心室細動期療法)の留置手術や、その後の管理も行っております。循環器内科は内科として、血圧、コレステロール、血糖、尿酸管理なども行っており、糖尿病科、腎臓内科、眼科、形成外科とも連携し、治療を行っております。睡眠時無呼吸症候群の診断、治療も積極的に行っており、いびきや日中のめまい、管理困難な高血圧や薬物治療抵抗性の不整脈の方の隠れた原因を明らかにし、より精度の高い治療を目指しております。

外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 79 1.58 4.93 0.00% 61.91
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 78 1.36 3.03 0.00% 64.42
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 42 0.59 3.78 0.00% 46.75
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 28 3.52 9.19 0.00% 72.60
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 26 7.05 14.15 5.00% 72.35

外科では、腹腔鏡下手術に積極的に取り組んでおり、310件以上の実績があります。そのうち、悪性腫瘍の手術が2割を占めております。悪性腫瘍に対しては、他科とキャンサーボードを行い最適な治療法を選択し、QOL(生活の質)を高める集学的治療を行っております。胆石症や胆のう炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、虫垂炎に対して腹腔鏡下虫垂切除術を行っております。いずれも患者様にとって負担の少ない腹腔鏡を用いた低侵襲手術となっております。そのため、入院期間も短くなっております。予定入院患者様のクリニカルパスの使用率は7割超で、計画的に適切な治療を実施しております。高度技術指導医のもと、肝胆膵領域の手術を積極的に行っております。

整形外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 107 1.59 9.97 10.87% 77.23  –
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 106 1.63 5.86 3.06% 59.77  –
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 97 1.02 2.53 0.00% 59.68  –
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他) 74 1.51 6.08 0.00% 49.71  –
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 74 0.93 2.30 0.00% 52.13  –

整形外科では、高齢者の骨粗鬆症に伴う骨折観血的手術が最も多くなっております。離れてしまった骨を可能な限り骨折する前の状態に戻してから、髄内釘やプレートを使って骨を固定します。関節手術の症例数も多く、人工関節置換術では術後、良好な成績をあげております。手術は局所麻酔、脊椎麻酔、全身麻酔の中から、患者様にとって最も適切な麻酔法を選択して行っております。出来るだけ早期に手術を行なうように努めており、術前日数は1~2日と短くなっております。また、術後は当院の回復期病棟にてリハビリを行っております。肩関節疾患(特にスポーツ外傷)に対する関節鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り組んでおります。

形成外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 140 0.89 1.90 0.00% 55.57
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 139 0.68 1.24 0.00% 53.60
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 40 0.97 2.58 0.00% 53.12
K0882 切断四肢再接合術(指(手、足)) 35 0.00 7.78 0.00% 52.86
K333 鼻骨骨折整復固定術 22 2.19 6.71 0.00% 36.91

形成外科では、最も多い症例は皮膚の良性新生物に対する皮膚、皮下腫瘍摘出術となっており、昨年度の3倍以上となっております。平均術前日数も約1日となっており、平均在院日数も短く、患者様に負担がかからないようにしております。また、顔面外傷も多く、鼻骨骨折に対する治療が多くなっております。急性期救急病院の特性上、外傷性形成外科にも力を入れており、切断四肢再接合術の割合も多くなっております。長時間に及ぶ手術では、顕微鏡を2台使用し、手術時間の短縮を図っております。

消化器内科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 73 0.82 7.01 0.00% 78.48
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 58 0.26 1.19 0.00% 68.24
K654 内視鏡的消化管止血術 43 1.05 9.83 9.09% 69.93
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 19 0.00 1.47 0.00% 65.26
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 17 0.12 4.94 27.38% 54.79

内視鏡による手術は560件以上行っております。上位の内訳は、大腸のEMR・ESDが251件、胆道ステント留置術が143件、消化管止血術が99件です。総胆管結石・胆嚢がんによる、胆道狭窄や閉塞に対して、内視鏡的胆道ステント留置術を行っております。内視鏡を用いて胆道にチューブを留置することによって胆汁の流れをよくする治療です。当院では、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD)を行い、黄疸と炎症の症状が改善してからステント留置を施行する手技も行っております。また、消化性潰瘍からの出血に対して、内視鏡による消化管止血術を数多く行っております。当院は、開腹を行わず処置ができる内視鏡的手技を積極的に行っております。患者様のQOLに最適な治療を行っております。

乳腺外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1.26 8.30 0.00% 63.00
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 18 1.07 11.20 0.00% 60.73
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術 12 0.00 1.00 0.00% 52.50
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 10 1.00 1.50 0.00% 41.50
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))

乳癌に対して、病状とQOL(生活の質)を高める手術方法を患者様と選択しております。予定入院患者様のクリニカルパスの使用率は10割で、計画的に適切な治療を実施しております。また、術後・術前の化学療法・放射線治療・内分泌泌療法などの集学的治療を行っております。

脳神経外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 65 0.88 17.53 18.92% 79.33  –
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 53 0.61 17.50 2.94% 76.87
K1781 脳血管内手術(1箇所) 39 1.68 16.76 7.14% 61.38  –
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 23 0.17 34.62 5.88% 64.55  –
K1643 水頭症手術(シャント手術) 20 0.50 32.72 0.00% 70.50  –

脳神経外科では、日本脳神経血管内治療学会専門医を有していることから、急性期脳梗塞に対する経皮的血栓回収術を積極的に行なっております。また、当院では救急科と協力し、時間外の対応は迅速なオンコール体制をとっており、様々な脳血管障害、頭部外傷等に対する緊急手術対応も多く行なっております。次いで、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が多くなっております。また、脳血管疾患の中でも重篤である「くも膜下出血」の治療や、予防的治療として脳動脈瘤クリッピング術を行なっております。水頭症、脳室内腫瘍に対しては、神経内視鏡エキスパートによる、より低侵襲な手術が行なわれております。今後、脳神経外科では地域連携パスを使用し、スムーズな治療を心掛けて参ります。

呼吸器外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 34 2.50 5.50 3.85% 51.83
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 14 1.60 5.41 0.00% 74.40
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)

肺癌に対して、胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術を積極的に行っております。胸腔鏡下手術を行い、術後は約5日で退院されております。救急疾患である気胸に対しても、胸腔鏡下手術を施行しております。

婦人科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 21 1.93 7.86 0.00% 50.19
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 18 1.75 7.33 0.00% 57.72
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)
K867 子宮頸部(膣部)切除術
K879 子宮悪性腫瘍手術

子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌に対して、病期や患者様のQOL(生活の質)に最適な外科治療を行っております。子宮頚癌に対しては、円錐切除術を施行しております。

心臓血管外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 60 0.04 1.00 0.00% 72.92
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 34 4.87 6.28 0.00% 75.33
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 1.28 2.78 0.00% 73.61
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 18 4.62 7.38 0.00% 70.77
K610-3 内シャント設置術 14 1.50 6.21 0.00% 73.43

下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術等のカテーテルによる最新の低侵襲治療の開始し、60件以上施行しております。循環器内科と連携を密にし、虚血性疾患手術(冠動脈バイパス術ほか)、弁膜症手術(弁置換術、弁形成術ほか)、大動脈疾患(大動脈瘤、急性大動脈解離ほか)等の心臓、大血管、末梢血管手術を中心に行っております。ステントグラフト内挿術は昨年よりUPし、積極的に行っております。

救急科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 34 0.47 3.97 0.00% 42.02
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 28 0.60 6.25 0.00% 61.68  –
K654 内視鏡的消化管止血術 22 1.20 9.58 0.00% 71.86  –
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 21 0.43 6.27 0.00% 52.07
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 1.01 4.06 0.00% 58.81

救急科では各科と協力し、時間外の対応は迅速なオンコール体制をとっており、様々な治療に取り組んでおります。また、各専門医に振り分け入院から退院まで責任を持って高度救急医療を実施しております。最も多い症例は、腹腔鏡下虫垂切除術です。また、消化管出血の治療にも力を入れており、緊急の内視鏡的消化管止血術も多くなっております。救急搬送後の緊急手術に、即座に対応しております。

泌尿器科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 36 1.68 3.97 3.45 72.16
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 1.91 6.45 0.00 72.36
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 14 1.00 1.38 0.00 65.75
K8352 陰嚢水腫手術(その他)
K804 尿膜管摘出術

当院では、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を行っております。膀胱癌に対して、上皮内・表在がんの場合は、TUR-Btを行っております。また、再発予防や腫瘍に対する直接効果を出すために、抗癌剤を膀胱内に注入しております。約6日で退院しております。尿路結石に対して、TUL(経尿道的尿路結石除去術)を施行しております。ESWL(体外衝撃波砕石術)では破壊できない結石(硬さ・位置)に最適です。結石の状態にもよりますが、入院期間は3~4日で、手術時間も1~2時間です。予定入院患者様のクリニカルパスの使用率は10割で、計画的に適切な治療を実施しております。精巣腫瘍に対しては、精巣摘出術を施行しております。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡)
K3771 口蓋扁桃手術(切除)
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)

最も多い症例は、圧迫止血などでは止まらない鼻出血に対する鼻腔粘膜焼灼術です。特徴として、慢性副鼻腔炎や扁桃炎、中耳炎、声帯ポリープ、頸部腫瘍などに対する一般的な治療は日常診療において大変多く行われております。入院加療の場合、平均して5日間程度で退院になります。手術・処置も大切ですが、生活の質を高めることを第一に考え、患者様と一緒に治療しております。

脊髄脊椎外科

Kコード 名称 症例数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 37 3.38 11.34 0.00% 70.48
K142-4 経皮的椎体形成術 13 12.57 8.57 0.00% 71.68
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 10 9.42 10.25 25.00% 65.00
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術)
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除)

当院の脊髄脊椎外科は、平成29年度より診療を開始しました。外科的手術に関しては症状やライフスタイルにあわせて、整形外科・神経外科の垣根を越えて検討し、患者様と相談しながら治療を行っております。頸部から足先までの幅広い『痛みやしびれ』などに対し、専門的に治療しております。

⑦その他(DIC、敗血症、その他の真菌症及び手術・術後述語の合併症の発生率)(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

DPC 傷病名 入院契機 患者数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.07%
異なる 0.04%
180010 敗血症 同一 15 0.21%
異なる 11 0.16%
180035 その他の真菌感染症 同一 0.01%
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 0.44%
異なる

※同一疾患については、一連の入院として集計
※入院契機・・・今回入院治療の必要があると判断する根拠となった病名です。

「同一」ということは、入院治療目的の病気の治療を行ったということです。
「異なる」ということは、入院中に発症した病気もしくは併発していた病気に対する治療が主なものだったということです。※発生率は、2018年度の退院患者数を分母としております。

1)播種性血管内凝固(DIC)
重篤な感染症などが原因で、全身の血管に小さい血栓ができる病態です。
血栓ができる際に、血小板など止血に必要な因子が使われてしまうため、出血した時には止血が難しくなります。

2)敗血症
感染によって引き起こされる全身の炎症性反応の重篤な病態です。

3)真菌症
真菌による感染症です。

4)手術・処置等の合併症
手術や処置などを行った際に一定の割合で発生してしまう病態です。創部感染や縫合不全などがこれにあたりますが、合併症はどのような術式でもどのような患者様でも一定の確率で起こってしまうもので、医療ミスとは異なるものです。

※当院手術・処置等の合併症内訳

・シャント閉塞 ・人工関節のゆるみ ・人工骨頭破損
・人工関節感染 ・術後吻合部狭窄 ・薬物性ショック
・術後感染症 ・手術創離開 ・後出血
・生検後出血 ・術後血腫 ・気管切開部瘢痕拘縮

更新履歴

2019/09/27 平成30年度病院指標公開