病院臨床指標

病院指標の作成と公開

はじめに

当院では広く市民の方に情報公開をして、当院の特徴や急性期医療についてご理解を深めて頂くことを目的として、DPCデータ(※1)から全国統一の定義と形式に基づき病院指標を公開しています。

(※1)DPCデータとは・・・・・入院患者様の病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

期間と対象について

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに退院された患者を対象としましたが、自動車賠償責任保険や労災保険、自費などの患者は対象外としました。

病院指標名称

  1. 年齢階級別退院患者
  2. 診療科別症例数トップ3
  3. 診療科別主要手術の術前、術後日数、症例数トップ3
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数
  6. 初発の5大がんのUICC病期分類ならびに再発患者数
  7. その他の指標
  8. クリティカルパス一覧

年齢階級別退院患者

年齢階級(歳) 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
退院患者数(人) 67 117 165 280 471 1,035 1,482 887 154

解説
当院は幅広い年齢層の方に医療を提供しておりますが、70歳以上の患者様が1番多く、60歳以上の患者様の割合が全体の7割を超えております。
症状が比較的に重症になりやすい高齢者の方の入院が多くなる傾向にあります。

診療科別症例数トップ3

(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

整形外科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死,股関節症(変形性を含む) 手術有り 59 28.5 24.95 3.4% 65.9  PDF
2 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 手術有り 42 25.3 28.70 19.0% 82.0  PDF
3 071030xx97xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術有り 26 22.6 21.27 0.0% 64.7

最も多い症例は変形性股関節症などに対し手術を施行した症例になります。また、股関節症に対する手術は人工関節置換術が挙げられます。
2番目は大腿骨骨折に対し骨折観血的手術などを施行した症例となります。

外科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 060020xx01x1xx 胃の悪性腫瘍 手術有り 手術・処置等2有り 35 27.9 37.09 0.0% 73.5
2 060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術無し 25 9.3 7.91 0.0% 59.4
3 060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術無し 手術・処置等2有り 副傷病無し 24 5.0 6.67 0.0% 73.1

最も多い症例は胃の悪性腫瘍(胃癌)に対し手術を行った症例になります。胃癌の症例が1位と3位になっており、外科の中で上位の症例となります。

循環器内科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 355 3.2 4.87 0.6% 69.6  PDF
2 050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病名なし 110 2.9 3.07 0.0% 54.5  PDF
3 050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病名なし 102 3.2 3.22 1.0% 69.6  PDF

最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル検査や心臓カテーテル治療となります。

脳神経外科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 010060x099030x 脳梗塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病名なし 94 15.1 18.08 5.3% 73.4
2 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 29 6.0 7.52 3.4% 52.5
3 010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名なし 22 6.5 7.03 0.0% 47.7

最も多い症例は脳梗塞に対し薬剤治療を施行した症例になります。次いで多い症例は、頭蓋・頭蓋内損傷、てんかんの順になります。

消化器内科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術有り 手術・処置2なし 19 7.2 10.93 0.0% 67.9
2 040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 14.34
3 060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 手術有り 2.76  PDF

消化器内科で最も多い症例は胆管結石・胆管炎の治療で手術を施行した症例になります。
消化器内科全般に対応しています。

耳鼻咽喉科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 24 5.5 5.31 0.0% 66.6
2 030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 13 5.8 5.53 0.0% 31.5
3 030428xxxxxxxx 突発性難聴 9.60

最も多い症例はめまい症などの前庭機能障害になります。2番目に多い症例は扁桃炎などの疾患で、比較的若年層となっています。

腎臓内科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置2有り 副傷病名なし 15 13.6 15.39 0.0% 71.7
2 110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 13.64
3 110280xx02x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術有り 手術・処置2有り 副傷病名なし 33.71

最も多い症例は慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全などの疾患になります。

形成外科

No DPC
コード
DPC
名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 25 5.2 6.84 0% 54.0  PDF
2 070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊髄脊椎を除く) その他の手術有り 手術・処置等1なし 18 6.1 5.12 0% 52.8  PDF
3 070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊髄脊椎を除く) その他の手術有り 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等有り 副傷病名なし 15 7.5 6.14 0% 51.8

最も多い症例はその他の新生物に対し手術を施行した症例になります。次いで骨軟部の良性腫瘍に対して手術を施行した症例となります。

診療科別主要手術の術前、術後日数 症例数トップ3

整形外科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家骨移植) 50 1.90 26.02 6.00% 70.52
2 K0461 骨折観血的手術(大腿) 38 2.03 29.03 10.53% 80.11  PDF
3 K0821 人工関節置換術(股) 34 2.03 26.91 2.94% 65.32

骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家骨移植)が最も多く、次いで骨折観血的手術(大腿)、人工関節置換術(股)の順になります。

外科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 76 1.33 2.84 0.00% 68.54  PDF
2 K6335 鼠径ヘルニア手術 63 2.11 3.48 0.00% 69.35  PDF
3 K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 2.85 4.24 0.00% 55.56  PDF

結腸ポリープに対して施行する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が最も多いです。次いで多いのは、鼠径ヘルニア手術になります。鼠径ヘルニアとは、鼠径部に発生する臓器の腹腔外脱出です。

循環器内科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 361 1.76 1.73 0.00% 69.93  PDF
2 K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 33 1.18 4.12 0.00% 73.55
3 K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 33 0.06 13.27 3.03% 69.76  PDF

狭心症や心筋梗塞などに対する経皮的冠動脈ステント留置術といったカテーテル治療が多く、次いで多いのは動脈硬化症などに対する四肢の血管拡張術・血栓除去術になります。

脳神経外科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 22 1.73 17.95 0.14 72.86
2 K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング (1箇所) 19 1.32 57.05 0.42 67.37
3 K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 13 0.15 56.69 0.85 64.23

慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)が多く、次いで脳動脈瘤に対する脳動脈瘤頚部クリッピング術、急性硬膜外血腫や脳内血腫などに対する頭蓋内血腫除去術(開頭)が上位を占めています。

消化器内科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 69 0.71 1.17 0.00% 66.41  PDF
2 K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 1.14 10.09 0.00% 72.50
3 K654 内視鏡的消化管止血術 12 0.67 5.92 8.33% 75.33

結腸ポリープに対して施行する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が最も多いです。次いで多いのは内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的消化管止血術の順となります。

耳鼻咽喉科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡)
1 K3892 喉頭ポリープ切除術(直達喉頭鏡)
2 K331 鼻腔粘膜焼灼術

※No2は他にも、鼻内篩骨洞根治手術、先天性耳瘻管摘出術、鼻腔粘膜焼灼術が同症例数

腎臓内科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K610-3 内シャント設置術
2 K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
2 K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術

形成外科

No Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
1 K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 13 1.00 4.77 0.00% 40.15  PDF
2 K427 頬骨骨折観血的整復術 12 1.67 6.92 0.00% 50.33  PDF
3 K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 11 1.45 5.91 0.00% 50.64

皮膚腫瘍などに対する皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)が最も多いです。次いで多いのは、顔面骨折の中でも頻度が高い頬骨骨折などに対する頬骨骨折観血的整復術となります。

市中肺炎の重症度別患者数等

(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

重症度 症例数 平均在院日数 平均年齢
重症度0
重症度1 12 12.42 76.92
重症度2 28 18.29 84.29
重症度3 19 19.42 82.11
重症度4
重症度5
不明

※入院の契機と最も医療資源を投入した傷病名がJ13~J18に限る

【重症度分類基準】
1. 男性70歳以上、女性75歳以上
2. BUN 21mg/dL以上または脱水あり
3. SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
4. 意識障害
5. 血圧(収縮期)90mmHg以下
重症度0:左記5つの項目の何れにも該当しないもの
重症度1:左記5つの項目のうち1つ該当するもの
重症度2:左記5つの項目のうち2つ該当するもの
重症度3:左記5つの項目のうち3つ該当するもの
重症度4:左記5つの項目のうち4つ該当するもの
重症度5:左記5つの項目のうち5つ該当するもの
不   明:左記5つの項目のうち1つでも不明なもの

上記より、最も患者数が多いのが重症度2となっています。次いで多いのは重症度3となっている。また、平均年齢が上がると重症度が高くなり平均在院日数も伸びていることも分かる。重症度が高い患者様も当院では積極的に治療している。

脳梗塞のICD10別患者数

(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

ICD-10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 11 12.36 65.73 0.00%
その他
G46$ 脳血管内疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 179 25.30 76.10 19.29%
その他 19 17.95 74.14 2.03%
I65$ 脳梗塞実質外動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他 23 6.70 71.39 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病
〈ウイリス動脈輪閉塞症〉
3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院では脳梗塞(I63$)に分類される症例が多く、特に発症日から3日以内の症例が全体の6割を超えております。また平均年齢も76.1歳と高く、後期高齢者と呼ばれるかたが多くなっています。入院期間は約25日ほどで、約2割の患者様は当院での治療終了後リハビリ病院などへ転院をされています。

5大がんの病期分類別

(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

日本で現在最も罹患数の多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(ステージ)ごとの集計をしました。がんは初発がんと再発がんに分けられ、それぞれ分けて集計をしています。
がんの症例数をみることで、その病院がどの程度がんに積極的に治療をしているのかを知ることができます。また、病期分類をみることによってその病院の診療の幅広さを知ることができます。

(単位:人)
種類 初発 再発 病期分類基準(※) 版数
不明
胃がん 21 12 34 29 1 第7版
大腸がん 16 21 13 1 第7版
乳がん 1 第7版
肺がん 1 第7版
肝がん 10 11 1 第7版
合計 39 47 66 63 11 1 第7版

※病期分類基準 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

※平成27年4月1日~平成28年3月31日までの退院患者を対象としています。
※集計期間内に何度も入院されている場合は、入院1件ずつ数えています。
※第6版、2012年以降発症はUICC 第7版にて分類しています。
※初発:その病院でがんの診断、診断と初回診療、初回診療のいずれかを実施した場合
※再発:自他病院問わず、初回治療が終了した後、当院で診療した場合や治療後に再発した場合

病期(ステージ)とは・・・
がんの病期の分類法として『TNM分類』によって表されることが多いです。
T:がんがどのくらいの大きさ・深さ・広がりになっているか。
N:周囲のリンパ節にどれほど転移しているか。
M:遠隔臓器への転移はあるか。

TNM分類をもとに、がんの進行度と広がりの程度を一度に表すことが出来るように作られたのが、『ステージ分類』です。Ⅰ期~Ⅳ期の4段階で表されます。Ⅰ期は「早期がん」で、Ⅳ期は「進行がん」です。
Ⅰ期とⅡ期の場合は、治療により完治する確率が高いです。Ⅲ期とⅣ期では、治療により完治することは難しくなります。

その他の指標

(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

No DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
1 130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
2 180010 敗血症(1才以上) 同一 11 0.23%
異なる 17 0.36%
3 180035 その他の真菌症 同一
異なる
4 180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.25%
異なる

・同一疾患については、一連の入院として集計

※入院契機・・・今回入院治療の必要があると判断する根拠となった病名です。これが「同一」ということは、入院治療目的の病気の治療を行ったということです。「異なる」ということは、入院中に発症した病気、もしくは併発していた病気に対する治療が主なものだったということです。

1)播種性血管内凝固
重篤な感染症などが原因で、全身の血管に小さい血栓を作られる病態です。血栓が作られる際に、血小板など止血に必要な因子が使われてしまうため、出血した時には止血が難しくなります。
2)敗血症
感染によって引き起こされる全身の炎症性反応です。
3)真菌症
真菌による感染症です。
4)手術・処置等の合併症
手術や処置などを行った際に一定の割合で発生してしまう病態です。創部感染や縫合不全などがこれにあたりますが、合併症は一定の確率で起こってしまうもので、医療ミスとは異なるものです。
※当院手術・処置等の合併症内訳
・シャント閉塞     ・人工関節のゆるみ  ・人工関節の破損
・術後吻合部狭窄    ・術後閉塞      ・縫合不全
・造影剤ショック    ・薬物性ショック   ・術後感染症

クリティカルパス一覧